中国の王毅外相は、フランスのエロー外相に対し、「一つの中国」原則は対中関係の発展の基礎だとし、どの国も例外的に扱われることはないと述べた。中国外務省が15日声明を発表した。

 外務省によると、王外相はエロー外相に対し、台湾をめぐる問題は中国の主権と領土の一体性に関わると指摘。「『一つの中国』原則は、他国と中国との関係発展において前提条件であり基礎だ」とし、例外となる国はないと述べたという。

 その上で、「一つの中国」に対するエロー外相の明確なスタンスを評価すると述べた。

[北京 16日 ロイター]




Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます