ドラマ「花郎」イケメンスター大集結!“F4”を継ぐ“花郎6”がやってくる(総合)

写真拡大 (全2枚)

イケメンスターが大集結した青春時代劇「花郎」が出撃の準備を終えた。2016年下半期を熱くする話題作として浮上することはできるだろうか。

16日、ソウル市江南(カンナム)区論硯洞(ノンヒョンドン)のインペリアルパレスホテルでKBS 2TVの新月火ドラマ「花郎」(脚本:パク・ウンギョン、演出:ユン・ソンシク)の制作発表会が行われ、ユン・ソンシクプロデューサーや主要キャストであるパク・ソジュン、Ara、ZE:Aのヒョンシク、SHINeeのミンホ、ト・ジハン、チョ・ユヌ、防弾少年団のVが出席した。

「花郎」は1500年前、新羅の首都“徐羅伐(ソラボル)”を駆け巡った花郎の情熱と愛、成長を描いた青春時代劇。演出を務めるユン・ソンシクプロデューサーは「歴史的事実をモチーフにし、想像力を加えた。ここに現代的でトレンディーな感覚を付け足した」と紹介した。

今作は特にイケメンスターのキャスティングで話題を集めている。「キャラクターそれぞれ個性が強くて、各々異なるイメージ、雰囲気を持つ俳優をキャスティングしようと考えた」と明かしたユンプロデューサーは、「最も考慮した部分はルックス」と付け加え、笑いを誘った。

年長者として活躍したパク・ソジュンは「まもなく30歳になる。20代の最後を青春物で華やかに締めくくりたいと思っていたところ、『花郎』に出会った」と出演の理由を語った。また共演者について賞賛を惜しまなかった。パク・ソジュンは「撮影しながら仲良くなることはそう容易ではないが、彼らとはすぐに仲良くなって、連絡もよく取り合った。僕たちの中に角張った性格の人は誰もいない」と愛情を示した。特に最年少のVについては、「Vにとって初めての演技だったので心配だったが、非常に親しみやすく、彼の方から質問して距離を縮めようとする様子が可愛かった。末っ子の役割をしっかり果たしてくれた」と褒めた。

防弾少年団のVから新人俳優として演技に挑戦したキム・テヒョン(Vの本名)もまた「初めてで負担を感じていたのは事実だが、花郎の兄さんたちがすごく気遣ってくれた。台本も見てもらって、練習も一緒にしてくれて、不安もたくさん消えた」と答えた。

後に真興王となる三麥宗(サムメクジョン)を演じたヒョンシクは「初めてのジャンルに対する負担はあったが、十分自信がある」と明かし、「台本を読んですぐに絶対やりたいと思った。それだけ頑張った」と自負した。ミンホもまた「アクションシーンが多かったが、撮影前から共演者たちとアクションスクールでたくさん準備をした」と回想した。

紅一点で活躍したAraは「花郎を見て胸が痛んだ」とし、「アクションがたくさんあって、皆さんはすごく苦労していた。私はただ応援する立場だった」と説明した。また「私は女なのに花郎になりたいくらいだった」と明かし、和気あいあいとしていた撮影現場について言及した。

ユンプロデューサーも仲の良かった俳優たちに繰り返し感謝の言葉を伝えた。ユンプロデューサーは「皆が一致団結して一つになった。特にパク・ソジュンが後輩の面倒をよく見てくれて、撮影現場は笑いと情熱でいっぱいだった。すごく頼もしかったし感謝している」と話した。

最後にユンプロデューサーは他のドラマと差別化される「花郎」のチャームポイントについて述べた。彼は「外からみると『麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜』に似ているかもしれないが、内容やドラマ全体のトーンは全く違う。『花郎』は愉快で明るいドラマだ。ハンサムな俳優が繰り広げるエピソードは面白いはずだ」と付け加えた。