写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイドルグループ・Hey! Say! JUMPの中島裕翔と、女優でモデルの新木優子が16日、東京・サンシャインシティで行われた映画『僕らのごはんは明日で待ってる』(2017年1月7日公開)の”うるキュン”クリスマスツリー点灯イベントに登場した。

同作は、小説家・瀬尾まいこによる同名恋愛小説の実写化作品で、『箱入り息子の恋』の市井監督がメガホンを取った。無口な草食系男子・葉山亮太(中島裕翔)と明るいポジティブ系女子・上村小春(新木)の2人の7年にわたる恋と秘密を描く。

見物客で溢れたサンシャインシティには、同作をイメージした青とピンクのイルミネーションに、映画の名場面がカードになって飾られたツリーが登場した。初のツリー点灯となった2人は、中島がサンタ帽、新木がトナカイのツノをかぶり、集まった観客とともにカウントダウンで点灯を行った。

サンタ帽をかぶった中島の姿に、会場のファンからは「かわいい!」の嵐。中島が質問に考えている時も絶えず「かわいい!」と声が飛ぶため、中島は「考えてるだけでかわいいの? すごいね!」と驚いた様子を見せた。

また、今回は中島が会場に向けてクリスマスプレゼントを渡すという設定で、アドリブの甘い言葉を披露することに。中島が「去年まともにクリスマスをお祝いできなかったから、今年からはずっと君と一緒にいたいな」と語りかけると、会場は悲鳴に包まれた。照れた中島が「ドン!」とパネルに頭を打ち付けると、新木は「新しい壁ドンだ」と笑顔になった。

中島の甘いセリフを「100%」と絶賛した新木は、「去年は寂しかったんだ、というのもわかってちょっとうるっとしつつ、”これからずっと”という言葉にキュンとしましたね」と解説。中島が「分析しないでくれ!」と叫ぶと、「最後の”ドン”で30%くらい稼ぎました」とたたみかけ、中島は「サンタ帽を今すぐ脱ぎたい」と照れていた。