2016年GTPAルーキー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた松森彩夏(撮影:標英俊)

写真拡大

 12月16日(金)、都内にてGTPA(日本ゴルフトーナメント振興協会)ルーキー・オブ・ザ・イヤー特別表彰式が開催され、2016年ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた松森彩夏、ささきしょうこ、そして特別賞を受賞した畑岡奈紗が登壇。赤いドレスで登場した松森は「賞をもらえるのは初めてなので光栄ですね。ずっと欲しかった優勝が手に入った。2016年を終えてからはいい年だったな」と喜びを語るとともに、来季への意気込みを語った。
【関連】表彰式に登壇した松森、ささき、畑岡の3ショット
 初シード選手として挑んだ今季は『富士通レディース』でツアー初優勝。ブレイクを果たしただけに、12月のオフはイベントや取材に引っ張りだこの松森だが、来季を見据えてトレーニングを始めている。
 昨オフにも肉体改造を行い、50kgから5kg増量に成功したが「いまはウエイトトレーニングが中心ですが、もっと体重を増やしたい。『全米女子オープン』や『TOTOジャパンクラシック』で、海外選手と自分を比べたときに、まだまだ華奢でヒョロヒョロしている。(海外勢に)体格に劣らないくらいの体作りはしていきたい」と年内はさらなる肉体改造を計画している。
 体作りは来季のさらなる飛躍のため。「1勝といわず年間複数回勝利を目指したいですし、メジャーを獲れるように。賞金女王争いまで絡めたら最高だな」と力強く宣言した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>