ハン・ヒョジュ主演映画「愛を歌う花」インタビュー&メイキング映像を公開!チョン・ウヒの歌唱シーンも必見

写真拡大



ハン・ヒョジュ主演で贈る、1943年の激動の時代に翻弄されながらも歌と愛に生涯をささげた妓生(キーセン) の物語を描いた2017年1月7日(土) に全国順次公開となる映画「愛を歌う花」のインタビュー映像が解禁となり、その中で主人公の幼なじみを演じる実力派女優チョン・ウヒが映画本編で歌唱する「朝鮮の心」の歌詞の一節を書いたことが明らかになった。

本作はずば抜けた美貌と優れた歌唱力で最高の歌姫と称されるソユル(ハン・ヒョジュ)、心に響く天性の歌声を持つ幼なじみのヨニ(チョン・ウヒ)、そして最高峰の実力を誇る作曲家ユヌの歌と運命をめぐる3人の物語。人の言葉を理解する花と書き、美しさと強さ全てを持つ女性という意味を持つ原題「解語花」。映画は悲劇の時代を生きた3人の男女の運命と才能をドラマチックに美しい音楽とともに描く。1943年、大衆歌謡の黄金期にありつつ、悲運の時代。歌手を夢見た最後の妓生に隠された物語を描いた本作は、当時の大衆歌謡界と券番妓生の姿をスクリーンに蘇らせたという点でも大きな話題を呼んだ。

このたび解禁となったメイキング映像はストーリー、時代背景、そしてトレーニングと本作を語る上で欠かせない3つのテーマについて、キャストや各スタッフの証言を織り交ぜたガイド的な映像となっており、本作の見どころの1つでもあるハン・ヒョジュが身にまとう花柄やレースなどをあしらった美しい衣装などの制作過程を衣装スタッフが解説。中でもソユルの幼なじみ・ヨニを演じるチョン・ウヒは、インタビューで映画本編で歌う「朝鮮の心」という曲の歌詞を書いたことを明かしており、「チョン・ウヒではなく、ソ・ヨニとして歌っている。自分の気持ちを歌詞にしたいと思ったんです」と本作に挑むその並々ならぬ想いを告白。メイキングではチョン・ウヒの歌唱シーンもおさめられており、歌謡指導のスタッフも「情感たっぷりなヨニの歌声とウヒさんの感性に惹かれるはずです」と絶賛している。

ハン・ヒョジュ×ユ・ヨンソク×チョン・ウヒという、映画「ビューティー・インサイド」で共演した3人が再び集結したことも話題の本作。ぜひ劇場で新たな魅力を開花させた3人の姿を目に焼き付けてほしい。

■作品情報
「愛を歌う花」
2017年1月7日(土) シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか
全国順次ロードショー

<あらすじ>
時は1943年、京城唯一の妓生養成学校。ずば抜けた美貌と優れた歌唱力で最高の歌姫と称されるソユル(ハン・ヒョジュ) と、心に響く天性の歌声を持つ幼なじみのヨニ(チョン・ウヒ) は、作曲家ユヌ(ユ・ヨンソク) から一目置かれ、同期の羨望を受けるかけがえのない親友同士だった。作曲家として最高峰の実力を誇るユヌは民衆の心を癒やす「朝鮮の心」という歌を作曲する矢先、ヨニの歌声にいつしか魅了されていく。ユヌの曲を自分のものにし、歌手になることを夢見るソユルは次第に嫉妬心が芽生え始め、3人それぞれの運命が狂い始めていく。

出演:ハン・ヒョジュ(「ビューティー・インサイド」「トンイ」)、ユ・ヨンソク(「尚衣院 -サンイウォン-」「ビューティー・インサイド」)、チョン・ウヒ(「サニー 永遠の仲間たち」「ビューティー・インサイド」)、パク・ソンウン(「新しき世界」「鬼はさまよう」)
監督:パク・フンシク(「メモリーズ 追憶の剣」)

2016年/韓国/120分/カラー/ビスタ/5.1ch/原題:해어화/英題:Love,Lies/配給:クロックワークス
(C) 2016 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

■関連サイト
公式ホームページ:http://www.aiuta-movie.com/