新型「マツダ CX-5」(マツダの発表資料より)

写真拡大

 マツダは16日、2017年1月13日〜15日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2017」に、クロスオーバーSUV新型「CX-5」や小型オープンスポーツカー「ロードスター RF」を出展すると発表した。

 新型「CX-5」は、12月15日より予約受付を開始しており、来年2月2日に発売予定。11月10日に予約受付を開始した「ロードスター RF」は、12月22日に発売される。

 マツダでは市販車に加え、「CX-5」と「ロードスター RF」のカスタマイズモデルおよび、大幅改良して11月に発売した「デミオ」と「CX-3」の「CUSTOM STYLE 2017」も展示。他には「ロードスター」から、2017年春より国内で開催する「GLOBAL MX-5 CUP」レース仕様車と、ボディカラーである「クラシックレッド」を塗装した4代目モデルも参考出品する。

 今回の出展テーマは、「Be a driver. 〜マツダの新しいチャレンジが始まる〜」。最新の車両やカスタマイズモデルの展示に加え、新型「CX-5」と「ロードスター RF」の開発スタッフやデザイナーによるトークセッションなどの開催も予定している。