ポスター&特報はコミカルな仕上がり (C)2017映画「ラストコップ」製作委員会

写真拡大

 唐沢寿明と窪田正孝が共演したドラマ「THE LAST COP ラストコップ」を映画化する「LAST COP THE MOVIE」の特報とポスタービジュアルが、このほど完成した。映像は30年間のこん睡から目覚めた刑事・京極浩介(唐沢)と、そのバディである草食系若手刑事・望月亮太(窪田)が、ハイテンションで大暴れするさまを映し出している。

 原作は、ドイツで2010年に放送開始され、13年までにシーズン5まで制作された人気ドラマシリーズ「DER LETZTE BULLE」。日本では日本テレビとHuluの共同制作という民放初の試みとしてスタートし、Huluでの配信やスペシャルドラマ版を経て、2016年10月期からは日テレ系で連続ドラマとして放送された。

 映画は重力無視のアクション、ギャグの応酬、ハチャメチャな世界観がパワーアップ。ポスタービジュアルは重火器を手に取る京極&望月の背景に、「史上最強のデカ(バカ)映画」とのコピーを配置した、コミカルな仕上がりとなっている。

 なおドラマ版は12月10日に最終回を迎えており、現在はHuluでアナザーストーリーが配信されている。「LAST COP THE MOVIE」は、佐々木希、黒川智花、竹内涼真、藤木直人、小日向文世、和久井映見らが共演。17年1月から撮影に入り、同年5月3日から劇場公開される。