GTPAルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞した松森彩夏(左)、ささきしょうこ(中央)とGTPA特別賞に輝いた畑岡奈紗(右)(撮影:標英俊)

写真拡大

日本ゴルフトーナメント振興協会(GTPA)が選ぶ、目覚ましい活躍と大きな話題を提供した選手に贈られるGTPA特別賞に「日本女子オープン」で史上初のアマチュア優勝を見せた畑岡奈紗が選ばれた。
イベント初デビュー!松森彩夏がプライベートを赤裸々に語る
16日(金)に都内で行われた表彰式に出席した畑岡は、「とても嬉しいです。これまでこの賞を獲得した人は有名な方々ばかり。加えてプロになってから頂いたものなので、これまで獲得した賞とはまた違った喜びがあります」と受賞の喜びを口にした。
プロに転向してから約2か月、プライベートでも「畑岡さんですよね?」と声をかけられることが増えてきたという。「声をかけてもらえるのは嬉しいですよね。そういう時にプロになったなと実感します」。“プロゴルファー畑岡奈紗”としての自覚は日に日に増すばかりだ。
明日からは師匠である中嶋常幸が主催する「ヒルズゴルフトミーアカデミー」の合宿に参加。「オフは短いですが、一年間戦える体を作っていきたい」と来季に向けて徐々にアクセルを踏んでいく。もうすぐクリスマスだが「プロアマ大会が入っています」と当日はお仕事の予定。そういったあたりもプロになったと実感する部分だろう。
ちなみにそんなクリスマスにサンタに欲しいものは「英語が喋れるスキル」だそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>