パク・シネ、新ドラマ「シカゴ・タイプライター」からラブコール?“出演オファーを受けたことはない”

写真拡大

女優パク・シネの所属事務所が「シカゴ・タイプライター(仮題)」側からラブコールを受けたことに対して立場を明かした。

16日、パク・シネが所属しているS.A.L.T.エンターテインメントの関係者はTVレポートに「tvN新金土ドラマ『シカゴ・タイプライター』(脚本:チン・スワン、演出:キム・チョルギュ) 側から正式に出演オファーを受けたことはない」と伝えた。

この日、あるマスコミは「シカゴ・タイプライター」側がパク・シネ側にシノプシス(ドラマや舞台など作品のあらすじ) を渡し、出演オファーをした状態だと報じた。

「シカゴ・タイプライター」はチン脚本家の新作で、現在シノプシスだけが出された状態だ。台本が出た後にキャスティングを決め、来月中に撮影に入ることを目指している。現在放送中の「鬼」の後に放送されるイ・ジェフン、シン・ミナ主演の「明日あなたと」の後番組として来年3月から放送される予定だ。