「わたしは、ダニエル・ブレイク」ポスタービジュアル (C)Sixteen Tyne Limited, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2016

写真拡大

 第69回カンヌ映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したケン・ローチ監督の新作「わたしは、ダニエル・ブレイク」の予告編とビジュアルが公開された。

 「麦の穂をゆらす風」に続く2度目の最高賞パルムドールを受賞した本作は、イギリス北東部が舞台。イギリスの複雑な制度に振り回され、貧困という現実に直面しながらも、人間としての尊厳を失わず、助け合って生きる人びとの姿が描かれる。本国イギリスではすでに公開され、ケン・ローチ作品史上最大のヒットを記録している。

 予告編では、主人公ダニエルとシングルマザーのケイティと子供たちの交流が映し出され、悲惨な環境にありながらも希望を取り戻していく様子や、互いに救いの手を差し伸べるシーンが切り取られている。

 大工のダニエル・ブレイクは、心臓に病を患い、医者から仕事を止められる。公的支援を受けようとしたが、複雑な制度のため満足な援助を受けることができないでいた。ある日ダニエルは、シングルマザーのケイティと2人の子どもを助けるが、厳しい現実によって追い詰められていく。

 「わたしは、ダニエル・ブレイク」は、3月18日からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開。