大根おろしアート

写真拡大

ここ数年、Twitterやinstagramなどで、大根おろしを使ったアートが流行っているのは、ご存じ? 大根おろしアートとは、その字の通り、大根おろしを使ったアート作品。ある程度まとまる、あのおろしを使っていろいろな動物の形をつくり、しょう油などで色を付けてかわいく仕立てるというもの。

私も、かわいいものを作りたい…そう思い立ち、今回「もったいない」という気持ちをかなぐり捨て、大根おろしを丸1本分すりおろし、アートに挑戦してみることに。(当然、大根おろしはこの後、我が家みんなでおいしくいただきました)

序の口●まず手始めに挑戦した「シロクマ」

自分の器用さを信じず、まず最初は難易度の低いものに設定してみようとネットで探した「シロクマ」を再現することに。上へ上へと高く積み重ねていくだけですが、ポイントは“ちょこん”とカワイイお耳。お耳を後で着けようとするとなかなかうまくいかないから、ポイントは土台の体部分と顔は別で作って、顔を最後に乗っけると作りやすかった。目と鼻は黒ゴマが楽。つまようじでちょこんとつければ完成(製作時間は約15分)。

小結●来年への願をかけた「酉(とり)」

少々自信を付けた私、次は来年へのさらなる飛翔をと願をかけ、「酉(とり)」を作ることに(飛ばないけど)。作ってみてわかったのだけど、ニワトリはどのサイズに作っても、トサカとクチバシがあれば、それなりにニワトリに見える…。小さいサイズなら量産もできて、並べてみるのも楽しい。

横綱●ママテナだもの…最後はやっぱり「ママ」

この原稿が掲載されている掲載元の「mamatenna(ママテナ)」には、ママとその子どものキャラクター・通称テナちゃんがいるんです。せっかくだから、ちょっと難しそうだけど、そのキャラクターを作ってみようとやってみた結果が…以下の通り!

ぜひ、「mamatenna(ママテナ http://http://mama.bibeaute.com/ )」に行って、本物のママとテナちゃんを探してみてほしい…。なかなかの力作じゃないですか? 大根おろしを少々かために絞ると、不器用な私でも思いのほか作りやすかったです。この冬、鍋料理をするときや、お正月料理にそえると、よりハッピーな気持ちに。あなたもオリジナル大根おろしアートにチャレンジしてみませんか?

(文・おろし坂ゆみ)