「シックケア(治療)からヘルスケア(健康維持)へ」という言葉も誕生するなど昨今、注目が高まる「予防医療」。強い人しか続けられないパーソナルトレーニングではなく、「無意識ヘルスケア」を提唱する人もいます。

 医療費削減が進むなか、予防医療への関心が高まっています。近年では「シックケア(治療)からヘルスケア(健康維持)へ」という言葉も誕生し、先進国共通のテーマとして語られるようになっています。

 さて日本におけるヘルスケアの今後はどのようなものでしょうか。東京と鎌倉で湯治場を運営する「Le Furo」の三田直樹さんに、パーソナルトレーニングサービスがメディアをにぎわす、わが国の現状から展望してもらいました。

「努力で健康を得ようとしても続かない」

「肉体的、精神的に強い人しか続けられません」。三田さんはパーソナルトレーニングサービスについてこう指摘します。サービス自体を否定する気はないと断りつつも、サステナビリティー(持続可能性)が欠けているのではと疑問も。「リバウンドのリスクもありますし、未来永劫続けられるものではありません。あくまでも“ごく一部”の人に向けたサービスでしょう」。

 こうした現状において、三田さんが新たに打ち出すのが「無意識ヘルスヘア」の概念です。パーソナルトレーニングサービスのように、「意識的に努力をして健康を得よう」という姿勢とは対照的。「これからの予防医療における新区分となるでしょう」。

 すこやかな生活を送ることで、健康を積極的に維持、増進させようとする「ウエルネス志向」(図の右半分)は近年認知されつつありますが、三田さんは縦軸に「意識←→無意識」を加えます。ヘルスケアを定着させるには、「各個人の生活様式を変えることなく、楽で容易でなければいけません」。無意識ヘルスケアの対象は以下です。

1.食事
2.入浴
3.睡眠

 これらは、日々の生活の中で「誰しもが必ず時間を割くもの」。食事は「オーガニック」や「LOHAS」といった言葉に代表されるように、すでに大きなムーブメントになっています。

 しかし三田さんは食事について、「サプライヤー側に依存する部分が大きく、結果的に彼らを信用するしかないという選択肢に陥りがちです。そのため、若干のトラブルが発生した際にも、食す側は『自分の期待を裏切られた』と感じるケースも多いのです」。食事は「これから無意識に近づいていくジャンル」といいます。

「入浴」「睡眠」に日本流の活路がある

 それでは、残った「入浴」「睡眠」に日本流ヘルスケアの未来があるのでしょうか。三田さんは、日本の豊かな温泉地層からミネラルを多く含んだ温泉の原液を抽出、精製、濃縮し、輸送可能な状態にすれば、無意識ヘルスケアを実現できるといいます。

 そのミネラルを入浴の際に使用したり、睡眠時に噴霧器で散布したりして呼吸で体内に取り込めば、内臓酵素の働きが高まるそう。三田さんは「温泉ミネラルという、古来からある普遍的なものを体内に容易に得ること。これが無意識ヘルスケアの第一歩になります」と話しています。

(オトナンサー編集部)