少女時代 ユナ、劇中のキャラクターについて「私と似ている部分があって演じやすかった」(動画あり)

写真拡大

16日午前、ソウル江南(カンナム) 区狎鴎亭(アックジョン) で開かれた映画「共助」制作報告会に出席した少女時代のユナが自身の演じたキャラクターとのシンクロ率について明かした。

「共助」は韓国に隠れた北朝鮮の犯罪組織を捕まえるため、南北初の共助捜査が始まり、任務を完遂しなければならない特殊部隊の北朝鮮の刑事と、任務を阻止しなければならない生計型韓国の刑事の予測できないチームプレイを描いた映画だ。来年1月に韓国で公開される。