「力道妖精キム・ボクジュ」ナム・ジュヒョク、イ・ジェユンにすべてを明かす

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「力道妖精キム・ボクジュ」ナム・ジュヒョクがイ・ジェユンにすべてを明かした。

韓国で15日に放送されたMBC水木ドラマ 「力道妖精キム・ボクジュ」では、道場に訪れたチョン・ジェイ(イ・ジェユン) のせいで傷ついたキム・ボクジュ(イ・ソンギョン) の姿が描かれた。

キム・ボクジュは片想いの相手であるチョン・ジェイが、バーベルを持ち上げる自身の姿を目撃すると、涙を流しながら苦しんだ。

この姿を目撃したチョン・ジュンヒョン(ナム・ジュヒョク)。彼はチョン・ジェイに「兄さんがどうしてボクジュを応援するのか。あの子の好きな人は兄さんだ。ボクジュの好きな人が兄さんなんだ。だから内緒で肥満クリニックにも通ったんだよ。力道選手であることがバレた後も苦しんでいた」と明かした。

続いて「なのによりによってここに。あの子も女だ。好きな人にバーベルを持ち上げながら歪む顔を見せたいわけがないじゃないか。だからもう帰って。もう十分傷ついたから」と怒った。