お気に入りキャラクターのコスチュームに身を包み来場するファン

写真拡大

『スター・ウォーズ』シリーズ最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が、いよいよ12月16日より公開となり、記念すべき公開初日を迎えるTOHOシネマズ 六本木ヒルズでは、日付が変わる16日0時から最速上映を実施! 約800名のファンが同劇場を訪れた。

『スター・ウォーズ』新作ヒロイン、ファン2000人の歓迎に感激!

上映を実施する2スクリーン分の座席は平日の深夜にも関わらずすでに完売。深夜の最速上映に向け、劇場のロビーには当日オープン時から『ローグ・ワン』カウントダウン時計が設置され、期待に胸を膨らませたファンを迎え入れた。

この日は、お気に入りキャラクターのコスチュームに身を包んだファンも多数集結し、あたかも様々な種族が行き交う劇中の惑星のような盛り上がりを見せた。ストームトルーパーも立ち並ぶ熱気に包まれたロビーに、ロイヤル・ガードを先導として、本作でスクリーン最後の登場とも囁かれるダース・ベイダーも登場。悪の帝王の突然の登場に、ファンの興奮は最高潮に!

いよいよ最速上映開始まであと数分となった12月15日午後23時50分過ぎ、『ローグ・ワン』時計の前ではファンのカウントダウン大合唱が始まり、12月16日0時を迎えた瞬間「May the Force be with us!」と歓声で、本作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の公開を祝福していた。