ダバオ市長時代のドゥルテ氏。イスラエル製短機関銃を携行

写真拡大 (全2枚)

 米国に挑戦状を叩きつけ、中国への接近を仄めかしたかと思えば、周囲が火消しに奔走。国内では麻薬撲滅を強行し、国民から喝采を受ける。フィリピンの盟主がここまで注目を浴びたことはあっただろうか。ノンフィクションライターの水谷竹秀氏が、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領(71)、その原点の地を歩く。

 * * *
 緑一色に染まった二階建ての質素な民家の前で、フィリピン人たちが右拳を突き上げ、ドゥテルテ大統領お得意のポーズで写真に収まっている。撮影が終わると近くの露店に並ぶキーホルダーやステッカーなどのドゥテルテグッズ(20ペソ=約40円から)を購入し、帰っていく。しばらくするとまた別の一団がぞろぞろと歩いてくる。その光景はまるで観光地さながらだ。

 ここはマニラから飛行機で南に約一時間半、ミンダナオ地方ダバオ市の住宅街にあるドゥテルテ大統領の自宅である。私が訪れた11月半ばのある週末、大統領は公務のためか不在だった。周辺に詰めている警備員の男性はこう説明する。

「フィリピンの全国各地から毎日このように観光客200〜700人ぐらいが訪れます。以前は24時間見学可能でしたが、安全上の理由から最近は午後5時までと時間制限を設けました」

 見学希望者は、大統領邸近くの検問所で、ノートに名前や住所などの必要事項を記入し、身分証明書(ID)を渡せば原則、誰でも可能だ。マニラから訪れた、ツアーガイドのフィリピン人女性(40)はこう語った。

「大統領のルーツを探るために来ました。この家のシンプルさは大統領の人柄を反映しているかのようね。政権発足からまだ間もないため、審判を下すのは時期尚早だけど、徐々にこの国が良くなっていくと信じている」

 大統領は今でも、市長時代から通っていた自宅近くの簡易食堂に足を運んでいるというが、そこで提供されているフィリピン料理一品当たりの価格は25〜35ペソ(約50〜70円)。「麻薬密売犯を殺す!」「オバマ大統領は地獄に落ちろ!」などと暴言を吐く大統領の強面イメージとは裏腹に、ふたを開けてみれば実に質素な生活ぶりである。

 指導者としての有言実行な姿勢に加え、歴代大統領には見られないこの庶民感覚が国民の共感を呼び、大統領との距離感を縮めている。日本流に言えば「地下アイドル」的な要素が、絶大な支持を集める要因になっているのだ。

 ちなみに大統領が市長時代から乗り回していたハーレーダビッドソン社製のような大型バイクは、自宅前の駐車場に駐まっているが、実は日本製だった。テレビなどの電化製品も日本製を好んで購入しているという。

【PROFILE】水谷竹秀●1975年三重県桑名市生まれ。上智大学外国語学部卒業。現在フィリピンを拠点にノンフィクションライターとして活動中。2011年『日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」』で開高健賞受賞。近著に『脱出老人 フィリピン移住に最後の人生を賭ける日本人たち』。

※SAPIO2017年1月号