タロン・エガートンが声を担当したゴリラのジョニー
 - (C) Universal Studios.

写真拡大

 動物たちが「歌のオーディション」に参加するさまを描いたアニメーション映画『SING/シング』の特別版予告が公開された。これまでの予告に新たなシーンが追加されており、ゴリラのジョニー役を務めたタロン・エガートン(『キングスマン』)の甘い美声を聴くこともできる。

 『SING/シング』は、『ミニオンズ』で知られるイルミネーション・エンターテインメントと『リトル・ランボーズ』のガース・ジェニングス監督がタッグを組んだ新作。何よりも愛する劇場に活気を取り戻そうと、コアラの劇場支配人バスター・ムーン(マシュー・マコノヒー)が新スターを発掘するための「歌のオーディション」を企画したことから起こる騒動を、人気アーティストのヒットソング65曲以上と共につづったエンタメ作だ。

 この特別版予告では、タロンの美声のほか、ヤマアラシ役のスカーレット・ヨハンソンの空気を震わすほどの熱唱もチェックでき、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、トリー・ケリーらそうそうたるキャストが集った本作への期待がいっそう高まるはず。コアラのバスター・ムーンが海パン一枚になり、泡でいっぱいの体をスポンジ替わりにして洗車をするキュートかつシュールなシーンも含まれている。

 『SING/シング』は先日発表された第74回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションでは、アニメーション作品賞と歌曲賞(スティーヴィー・ワンダーとアリアナ・グランデによるエンディングソング「フェイス」)の2部門でノミネートを果たしている。(編集部・市川遥)

映画『SING/シング』は2017年3月17日より全国公開