Amazonで開封した商品でも返品はできるの? 購入した商品を返品する方法と注意点

写真拡大

Amazonで間違った商品を購入してしまったり、思っていた商品と違うものが届いてしまったりしたとき、どうすればよいだろうか。

特に衣類などの場合は、「実際に着てみたら、サイズが合わなかった」というのは、よくある話だ。

一度開封してしまった商品は、返品できないと思っている人も多いだろう。
しかし、Amazonでは、条件を満たしていれば、開封してしまった商品でも返品することができる。

とはいえ、
・どんな商品が返品できるのか
・いつ返金されるのか
わらかない、知られてないことは多い。

そこで、Amazonで購入した商品を返品する方法と注意点をまとめてみた。

■どんな商品が返品できる?
Amazon、およびAmazonマーケットプレイスから発送された商品であれば、商品到着から30日以内の未開封・未使用の商品の場合、だいたいのものは返品や交換を受け付けてくれる。

返金額は下記のとおり。
・未使用かつ未開封の場合:商品代金(税込)を全額返金
・開封済みの場合:商品代金(税込)の50%を返金
※30日を過ぎると返金額が20%減額される

配送料や手数料、およびギフトラッピング料は返金されない。また、返送料は基本、ユーザーの負担となる点にも注意したい。

開封済と見なされるのは、下記のとおり。
・メーカー既成の梱包を開封してある、または破損している
・商品を意図的に破損させるような再梱包がしてある
・商品タグが外されている
・部品のビニール包装が開封されている
・ケーブルを固定するワイヤーなどが外されている
・その他、商品自体に使用された形跡がある

あまり知られていないが、服やアクセサリー、靴、バッグの場合、試着後でも返品ができる。しかも、試着後の返品や返送料(Amazonプライム会員以外は条件あり)、色やサイズ交換は無料となっている。もちろん消耗していないことが条件だ。


返品や交換を受けてくれない主な商品は、下記のとおり。
・受注生産品、特注制作品、刻字入り商品、およびサイズお直し品
・メーカー既成の外装で、配送した商品を返送するときに外装がない場合や、外装のみに損傷がある場合
・メーカー既成の外装に、直接出荷伝票が貼られているという理由の返品
・使用済み、または開封済みの消耗品
・メーカーが、初期不良と認定していない場合(液晶パネルのズレ、ドット抜け、使用後の外観の傷など)
・拡張機器の増設や、パーツの取り替え、商品自体を改造、調整した商品
・ユーザーの要請で、メーカーから鑑定書・鑑別書の発行を受けている商品

■いつ返金されるのか
およその目安だが、Amazonが商品を受領後、だいたい1~3日で返金される。ただし、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い、代金引換で支払った商品を銀行振込で返金する場合には、1~2週間くらい必要となる。

■どのような条件なら、商品を交換できるのか
不具合や損傷のある商品は、原則として30日以内であれば同じ商品との交換が可能だ。
ただし、商品によっては、原則返金のみで交換ができない場合がある。その場合は、返品後、別途注文する必要がある。

Amazonは通信販売なので、リアル店舗のように現物をチェックできない。しかし、自分が思っていたのと違う商品が届いてしまったときには、返品を検討してみては如何だろうか。


関口哲司
記事提供:クチコミ.jp(http://kuchikomi-web.jp/blog)