Red Velvet ウェンディ、23日クリスマスキャロルソングを発売…甘い歌声を響かせる

写真拡大

SMエンターテインメントのデジタル音源公開チャンネル「STATION」が今回はクリスマスキャロルソングを公開する。

SM「STATION」の46番目の曲で、有名キャロルソングである「Have Yourself A Merry Little Christmas」は23日0時、各種の音楽配信サイトで公開される予定であり、グローバル音楽ファンから高い関心を集めるものとみられる。

クラシックとジャズが調和をなす今回の曲「Have Yourself A Merry Little Christmas」はRed Velvetのウェンディの甘い歌声と美しい楽器の演奏が完璧な調和をなし、今年4月に公開された「STATION」の8番目の曲「Regrets and Resolutions」で素晴らしいピアノ演奏を見せたピアニストムン・ジョンジェ、韓国国内外で精力的に活動しているストリング編曲家イ・ナイルが参加し、曲の完成度をさらに高めている。

また「Have Yourself A Merry Little Christmas」は1944年MGMのミュージカル映画「Meet Me in St. Louis」で初公開され、原曲者ジュディ・ガーランドのほかにも、様々なアーティストがカバーするなど、今まで世界的に愛されているクリスマスキャロルであるだけに、これまでのカバーバージョンとは差別化された今回の曲も好反応が期待されている。

毎週金曜日に新しい音源を公開する「STATION」は様々なアーティスト、プロデューサー、作曲家たちとのコラボ、ブランド対ブランドとしてのコラボなど、新しい試みを通じて様々なジャンルの音楽を届け、好反応を得ている。