写真提供:マイナビニュース

写真拡大

国土交通省は12月16日、2017年度中の導入を予定している近畿圏の高速道路の新料金案を発表した。

○1kmあたり36.6円に調整

近畿の高速道路は現在、管理主体や路線によって料金体系が異なっているが、新料金案では高速自動車国道の大都市近郊区間の水準を基本とする対距離制(1km当たり36.6円)に統一する。なお、利用する道路によって値上がりまたは値下がりとなるが、上限料金を設定するなどの激変緩和措置もとられる。

阪神高速については、淀川左岸線延伸部及び大阪湾岸道路西伸部の整備に必要な財源確保の観点から、事業費のおおむね5割を確保するために必要な料金を設定する。具体的には、現行の510〜930円が300〜1,300円(案)に変更される。

大阪と神戸都心部への流入に関しては、交通分散の観点から、経路によらず出発地と目的地が同じであれば最短距離を基本に料金が決定されるようになる。また、車種区分については、路線によって異なる状態から、「軽自動車等」「普通車」「中型車」「大型車」「特大車」の5車種区分に整理・統一する。

今後は、地方議会の議決・地方自治体の同意を得て、システム改修及び周知を進め、2017年度の早い時期に新料金の導入を目指すとしている。

(御木本千春)