写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「スター・ウォーズ」最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が、ついに16日、公開を迎えた。東京・六本木のTOHO シネマズ 六本木ヒルズでは、カウントダウンイベントが行われ、コスプレした熱狂的なファンが駆けつけた。

本作は『エピソード 4/新たなる希望』の直前までが描かれるシリーズ初の"アナザー・ストーリー"。反乱軍の寄せ集め極秘チーム"ローグ・ワン"が、銀河全体を脅かす究極兵器デス・スターの設計図を奪うという究極のミッションに挑む姿が描かれる。

TOHO シネマズ 六本木ヒルズでは、日付が変わる16日0時から上映を開始する最速上映を実施。上映を実施する2スクリーン分の座席は平日の深夜にも関わらず完売し、約800人のファンが最速上映を楽しむために集結した。

深夜の最速上映に向けて、劇場のロビーには当日オープン時から"ローグ・ワン"カウントダウン時計を設置。最速上映に集合した約800人のほか、続けて行われる他スクリーンの上映鑑賞者、さらにはカウントダウンのみ参加するファンも集まり、ロビーは身動きが取れないほどの熱気に包まれた。

スター・ウォーズのお気に入りキャラクターのコスチュームに身を包んだファンも多数集結。そして、ストームトルーパーも立ち並ぶ熱気に包まれたロビーに、ロイヤル・ガードを先導として、本作でスクリーン最後の登場ともささやかれる悪役ダース・ベイダーが登場すると、ファンたちの興奮は最高潮に達した。

いよいよ最速上映開始まであと数分となった15日23時50分過ぎ、"ローグ・ワン"時計の前ではファンのカウントダウン大合唱が始まり、16日0時を迎えた瞬間、「May the Force be with us!」と熱狂の歓声で最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の公開を祝福した。

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.