画像

写真拡大

 AppsFlyerの広告収益アトリビューション分析ツールがリリースされた。

 モバイルアトリビューションおよびマーケティング分析に関する事業を行うAppsFlyerは12月15日、新たに広告収益アトリビューション分析ツールを発表した。

 同ツールでは、アプリ内広告収益をマーケティング活動と一致させて分析。これにより、消費者のアプリ内行動および総生涯価値(LTV)の全体像を把握することができる。現時点で、AdColonyやAdMob、AppLovinUnity Adsなどの主要なアプリ内広告プラットフォームに対応している。

MarkeZine編集部[著]