写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本生命は12月16日、平成24年4月に導入した営業職員携帯端末「REVO」に搭載されている「訪問準備システム」の特許を取得したと発表した。

「訪問準備システム」では、顧客の世帯の情報、既契約情報、営業職員による訪問や手続き等の履歴を1画面に集約・表示することができる。

このシステムは、約1000万名の既契約の顧客情報を統計分析することで、約500に細分化したセグメントごとの加入傾向やニーズを抽出。このデータをもとに、顧客ごとに、約2000種類に及ぶ最適な活動アドバイスメッセージを表示できる独自の機能を有しており、営業職員のコンサルティング活動をサポートしているという。今回同社が特許を取得したのはこの部分(画面上のΑ法

今後同社は、同社と接点のある約4000万人すべての顧客、約5万名の営業職員の日々の訪問活動や提案履歴のビッグデータから新たに導入する人工知能が最適な活動モデルを分析し、営業職員をサポートする機能の更なる高度化に取組んでいくとしている。

(丸山篤)