主演は梶裕貴 (C)2017森絵都・角川文庫刊/
アニメ「DIVE!!」製作委員会

写真拡大

 フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」のプロジェクト発表会が12月15日、東京・台場の同局で開催され、森絵都氏のスポ根小説「DIVE!!」が、同枠の2017年7月クールの作品としてテレビアニメ化されることが明らかになった。梶裕貴が主人公の声を務め、スタッフは「バッテリー」の鈴木薫監督をはじめ、シリーズ構成を「SHOW BY ROCK!!」の待田堂子、キャラクター原案を「夜桜四重奏」の待田堂子が担い、アニメーション制作をゼロジーが担当する。本イベントには梶、鈴木監督、待田が出席し、本作に対する意気込みや思いを語った。

 原作小説「DIVE!!」は、中学2年生の坂井知季ら少年たちが飛び込み競技に情熱を注ぐ姿を描く。鈴木監督は、「飛び込みを題材にした作品ってあまり見たことない方が多いと思うんです。1.4秒っていう短い時間で空中演技をみせる美しい熱い競技。それを題材にした作品です」と原作小説の魅力を力説。そのうえで「水泳の競技なので、もうひとつの主役は水。水面の美しさやきらめきと一緒に、少年たちの眩しさも描いていきたい。美しい作品にしたいなと思っています」とアニメ版の方向性を説明した。

 一方の待田も「原作力がある」と同調し、「森先生にもお会いした。大切なお子さまを預かる気持ちで大事に作っていきたい」と明かす。そして、「魅力的な少年たちのキャラクターをドラマチックに描いていきたい」「アニメーションならではの面白さを追及していきたい」と意欲を述べた。

 また主人公・知季役の梶は「知季はわかりやすい良い子ではない。中学生ならではの心の葛藤がある。醜い部分というのは誰しも持っていると思うのですが、彼もそういう部分を持っている」と説明。そして「そういう意味でも青春ドラマが出来上がるんじゃないかな思っています」とアピールした。

 「DIVE!!」は、17年7月から放送開始。