清水富美加と彼女が演じる野ノ子
 - (C)舞城王太郎, nihon animator mihonichi LLP. / NHK, NEP, Dwango, khara

写真拡大

 庵野秀明が代表を務めるスタジオカラーが制作する、初のテレビアニメーション「龍の歯医者」の主演声優に、来年公開される実写版『東京喰種 トーキョーグール』のヒロイン役にも決定している気鋭の若手女優・清水富美加が決定した。同作でアニメ初主演、そして声優初挑戦となる清水は「ドラマや映画などとまったく違うどんな演技ができるのか、『期待6割&不安4割』というところですが、へこたれずに臨みたいです」と意気込みを明かしている。

 「龍の歯医者」は、巨大な龍がすむ世界を舞台に描かれる壮大な冒険ファンタジー。国同士の戦争が激化していく中、清水が声を務める主人公・野ノ子は、国の守護神である“龍”を虫歯菌から守る新米歯医者として働いていた。しかしある日野ノ子は、大きな災いの前に龍が起こすと言われる不思議な現象に遭遇したことで、激しい戦いに巻き込まれることになる。

 監督は、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズで知られる鶴巻和哉が担当。脚本は三島由紀夫賞作家の舞城王太郎と、「新世紀エヴァンゲリオン」「美少女戦士セーラームーンS」などを手掛けたベテラン脚本家・榎戸洋司が共同で執筆し、スタジオカラーが全力を挙げて取り組んでいる。庵野は制作統括および音響監督を務める。

 清水は自身の役について、「主人公の野ノ子は、15歳の女の子らしい純粋さやひたむきさと、大人顔負けの達観したところを併せもつ魅力的なキャラクターです」と説明。続けて「ファンタジーとメッセージ性のあふれる『龍の歯医者』の世界を幅ひろい世代のみなさんに楽しんでいただけるよう、一生懸命演じたいと思います」と語っている。(編集部・井本早紀)

アニメ「龍の歯医者」はNHKBSプレミアムで2017年2月18日・25日に放送
前編2017年2月18日20:00〜20:45、後編2017年2月25日20:00〜20:45