北朝鮮の平壌の青年中央会館で14日、セナル(新しい日)少年同盟結成90周年記念中央報告会が行われた。同日、朝鮮中央通信が報じた。

同通信によると、セナル少年同盟は金日成主席によって1926年12月15日に結成された新型の革命的少年組織で、「日帝を打倒して祖国の解放と独立を成し遂げ、勤労人民大衆が豊かに暮らす新しい社会を建設するために闘う朝鮮少年の前衛組織であった」という。

報告会では、青年同盟中央委員会の全勇男(チョン・ヨンナム)第1書記が「金日成主席はセナル少年同盟の任務と闘争課題、同盟員の生活規範を明示し、整然とした活動体系も立ててやり、読書会と話の集い、討論会、演芸隊活動をはじめ、いろいろな形式の教育活動と大衆政治活動を力強く繰り広げて広範な少年と人民を日帝に反対する闘争へと積極的に決起させるようにした」と述べた。

また、「金日成大元帥と金正日大元帥が学生少年たちの明るい未来を祝福し、金正恩元帥が朝鮮革命と朝鮮少年運動を賢明に導いているのでわれわれの前途にはいつも勝利と栄光だけがあるだろう」と強調した。

報告会には、崔龍海(チェ・リョンヘ)、楊亨燮(ヤン・ヒョンソプ)、金秀吉(キム・スギル)の各氏と関係部門、青年同盟の活動家、平壌市内の教師、学生少年が参加した。