“熱愛発覚”ヒョンビン、報道陣の前でコメント…映画「共助」制作報告会に出席

写真拡大

俳優ヒョンビンがカン・ソラとの熱愛について明かした。

16日午前、ソウル江南(カンナム) 区狎鴎亭(アックジョン) で開かれた映画「共助」制作報告会には、キム・ソンフン監督ならびに俳優のヒョンビン、ユ・ヘジン、キム・ジュヒョク、少女時代のユナが出席した。

「共助」は、韓国に隠れた北朝鮮の犯罪組織を捕まえるために韓国と北朝鮮初の合同捜査を描いた映画だ。ヒョンビンが北朝鮮の刑事リム・チョルリョンを、ユ・ヘジンが韓国の刑事カン・ジンテを演じた。

ヒョンビンは「色々な状況を見ると、僕の個人的な話が話題になることには慎重になる。そのため、言葉を慎んだ方がいいと思う」と社会状況を念頭においた発言をした。

続いてヒョンビンは「作品のためにがんばってくれた方々と映画について初めて話す場で、自分の話をするのは慎重になる」とし、「お互い好感を持って、交際を始めたばかりで慎重な立場だ。ゆっくり、少しずつお互いを知っていこうと思う」と打ち明けた。

「共助」は「マイ・リトル・ヒーロー」のキム・ソンフン監督がメガホンを取った。韓国で1月に公開される。