S.E.S.からキム・ハヌルまで「ユ・ヒヨルのスケッチブック」最初で最後の豪華ステージを披露

写真拡大

「ユ・ヒヨルのスケッチブック」が今月13日、収録を終えた。今回の収録はスケッチブックは2016年1年間愛してくれた視聴者に恩返しするという意味で“3つのプレゼント”特集が用意された。

今回の特集にはこれまで見ることのできなかった最初&最高のステージが繰り広げられた。アニメーション「美女と野獣」OST「Beauty and the Beast」、「アラジン」のOST「A Whole New World」のピーボ・ブライソンは「ユ・ヒヨルのスケッチブック」のために韓国訪問スケジュールを変更する情熱を見せ、R&B妖精ことパク・ジョンヒョンとスペシャルなデュエットステージを披露し、女優キム・ハヌルは初々しい魅力が感じられる歌を披露した。

そして14年ぶりに完全体で帰ってきた3人の妖精S.E.S.は再結成以降、初めてのステージとして「ユ・ヒヨルのスケッチブック」に出演し、コンサートを彷彿させる公演が続き、客席を埋めた観客たちを歓呼させた。特にこの日S.E.S.は、まだ発表されていない新曲を「ユ・ヒヨルのスケッチブック」で初公開し、視線を引き付けた。

パク・ジョンヒョン&ピーボ・ブライソン、キム・ハヌル、S.E.S.が出演した「ユ・ヒヨルのスケッチブック」は韓国で17日の夜12時、KBS 2TVで放送される。