ソン・ジュンギからパク・ボゴムまで…30周年を迎えた「KBS演技大賞」の受賞者は?

写真拡大

30周年を迎えた「KBS演技大賞」のためソン・ジュンギ、ソン・ヘギョ、パク・ボゴムなど、トップスターが集結する。

1987年「タレント演技大賞」というタイトルで始まった「KBS演技大賞」が今年で30周年を迎えた。

そして2016年最後の夜を飾る「2016 KBS演技大賞」には今年KBSドラマに出演した俳優の他にもKBSドラマおよび演技大賞と縁のある多数のスターが登場する予定だ。どんな俳優が出席し、演技大賞を特別な場にしてくれるか、早くから期待が高まっている。

各部門の30回目の受賞者は誰になるかにも関心が集まっている。特に、新人賞は1987年の受賞者であるキム・ヘスをはじめ、イ・ビョンホン(1992) 、ペ・ヨンジュン(1995) 、キム・ヒソン(1995) 、リュ・シウォン(1996) 、ウォンビン(1999) 、キム・テヒ(2004) など多くのスターが受賞し、その潜在力を認められた。韓流スターの登竜門と言える新人賞の主人公は誰になるか、注目が集まっている。

まだ候補は公開されていないが、パク・シニャン、ソン・ジュンギ、ソン・ヘギョ、パク・ボゴムなどそうそうたる俳優の中で30回目の大賞受賞者は誰になるかに注目が集まっている。

「2016 KBS演技大賞」は30周年の節目を迎え、大規模な公演会場であるKBSホールにて今月31日午後9時15分から行われる予定だ。