15日、韓国メディアによると、首都ソウルの水西駅と京畿道・平沢市の芝制駅を結ぶ韓国の新たな高速鉄道SRTが9日開業したが、駅構内で行われた祝賀イベントで「乗客第1号」の客がすり替えられていたことが判明し物議を醸している。写真はSRT。

写真拡大

2016年12月15日、韓国・ニューシスによると、首都ソウルの水西駅と京畿道・平沢市の芝制駅を結ぶ韓国の新たな高速鉄道SRTが9日開業したが、駅構内で行われた祝賀イベントで「乗客第1号」の客がすり替えられていたことが判明し物議を醸している。

報道によると、9日午前6時19分芝制駅発、釜山行きの始発列車に乗った最初の客は82歳の女性チェさんら3人だった。しかし芝制駅側は、開業記念イベントで公演を行った地域芸術団体の幹部ら3人を乗客第1号として約200人の市民や来賓らに紹介、記念品や花束を贈呈した。

イベント開催中、本当の乗客第1号であったチェさんらはすでに釜山に到着、鉄道会社が偽の乗客を仕立て上げていたことが後に発覚し、市民らからは「だまされた」などの声が上がっている。これについて同鉄道を運営するSRの関係者は「イベントが終わった後になって、初乗車の客がすり替わっていた事実を知った。イベントの準備は芝制駅が行ったが、スムーズに進められなかった部分については市民に謝罪する」と釈明している。

ニューシスはこの経緯を「芝制駅開通イベントに汚点」との見出しで伝え、韓国のネットユーザーからも批判の声が集まっている。

「世の中は変わってきてるのに、いまだに正気になれない人間がいるんだな」
「情けないったらありゃしない」
「こんなちっぽけなとこまで捏造(ねつぞう)とは」

「また腐った場所が1カ所誕生」
「すべてがこうだから国がこのざまなんだ」
「早くこの国からいなくなりたい」

「国全体がうそであふれている」
「朴槿恵(パク・クネ)が大統領になってから、ちゃんと回ってる所はあるのか?」
「記念品まで仲間内で分けるつもりだったの?」
「SRTではなくKTX(韓国高速鉄道)に乗るべき」(翻訳・編集/吉金)