BMWがホログラム式コンソール「HoloActive Touch」発表。触覚応答つきジェスチャーで仮想タッチパネルを操作

写真拡大

 

BMWが、ホログラムで仮想のセンターコンソールを映示する「HoloActive Touch」技術を1月開催のCES 2017に出展すると発表しました。この仮想コンソールは触覚フィードバックによるタッチ操作が可能。将来的には(イメージ画像にあるように)物理的なセンターコンソール部が大きく様変わりするかもしれません。

HoloActive Touchは「BMW i Inside Future Study」で括られる最先端研究技術のひとつ。HUD(Head-Up Display)とジェスチャーコントロール、触覚フィードバックといった機能を組み合わせ、ハンドジェスチャーで基本機能からBMW Conncted関連機能まで操作可能になる見込みです。

BMWは1月5日〜8日に開催予定の国際家電見本市CES 2017にて、このHoloActive Touch技術を展示し一部体験可能とするとのこと。

この技術は、BMWがCES 2015で発表し、現在販売中のBMW 7シリーズおよび5シリーズで実用化されてるAirTouch技術の進化版と考えられるかもしれません。現時点では、HoloActive Touchの実用化時期は不明ながら、過去の実績を踏まえて考えれば2018年ごろにはこのHoloActive Touch技術を搭載するBMWが道路を走っているということも十分に考えられます。

ひとつ気になるのは、ドライバーにとってコンソールをホログラム化するメリットがどれほどあるのかということ。直感的に操作できるという点では、スイッチ類の位置がコンソール上に固定されているほうが目視もいらず便利な気がもします。そこはCES 2017に展示される実物に「百聞は一見に如かず」だったと思わせられるからくりがあるのかもしれません。