写真提供:マイナビニュース

写真拡大

DMM.comは12月14日、新規事業として家事代行サービス「DMM Okan」を開始した。また、それに合わせ、家事代行依頼者向け「DMM Okan-家事代行アプリ」をリリースした。

DMM Okanは、アプリで家事のプロである"Okan"(おかん)に日常的な身の回りの家事(部屋、玄関、水回りの掃除、洗濯、料理など)を依頼することができるサービス。

○アプリで依頼からマッチング、支払いまで

アプリは、家事代行依頼者向けの「DMM Okan-家事代行アプリ」と家事代行スタッフ向けの「家事代行おしごとアプリ-DMM Okan」の2種類があり、双方のアプリを使って家事代行の依頼から家事代行スタッフのマッチング、料金の支払いまでを提供する。

リリース時は、東京23区に住む家事代行依頼者と、その周辺地域に住む家事代行スタッフが対象となる。順次エリア拡大予定。

価格は、消費税・交通費込みの1.5時間3,600円から利用でき、必要に応じて30分1,200円単位で延長できる。同社によると、これは業界最安水準という。また、サポートや損害保険などのバックアップ体制も備えているとのこと。