15日、新華社によると、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は13日、任期を満了しない可能性を述べ、「この年齢なら、もう大統領としての虚名は必要ない」との認識を示した。資料写真。

写真拡大

2016年12月15日、新華社によると、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は13日、任期を満了しない可能性を述べ、「この年齢なら、もう大統領としての虚名は必要ない」との認識を示した。

ドゥテルテ大統領は現在71歳。カンボジアの首都・プノンペンを訪れた際、「自分はもういい年齢だ。任期を満了するかはわからない」とし、さらに「人生の最後の段階に至ってみて、この年齢ならばもう『大統領の地位』という虚名は必要ないことに気づいた」と指摘。しかし、すべき仕事があるとも話した。

麻薬対策で豪腕をふるい、先進諸国に対してフィリピンの内政に干渉するなと求めるドゥテルテ大統領だが、この前日、フィリピンで企業トップを招いた会議では、背中が痛み、片頭痛や閉塞(へいそく)性血栓性血管炎も患っていると話していた。

ドゥテルテ大統領の任期は2022年までで、任期を満了するときには77歳になる。(翻訳・編集/岡田)