写真提供:マイナビニュース

写真拡大

矢野経済研究所は12月16日、国内インバウンド市場に関する調査を実施し、結果を発表した。それによると、2016年の市場規模は一旦縮小するも、今後は安定した伸びが期待できと予測している。

この調査は2016年1月〜9月において、百貨店、ブランド企業、その他小売業などを対象に専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに文献調査を併用して行ったもの。

調査から同社は、2020年の訪日外国人客数を3,679万人と予測。特に中国をはじめとするアジア地域からの訪日客数が順調に拡大するとみられるという。ただ、政府は今年の3月、2020年の訪日外国人観光客数の目標数を倍増させ、従来の2000万人から4000万人に倍増させたが、同社の予測では、この目標には到達しないことになる。

そして、訪日外国人客による国内インバウンド市場(物品購入のみ、宿泊費や交通費は含まない)については、2016年には一旦縮小するものの、訪日客数の増加が大きく、市場規模としては再び拡大傾向に向かうとみられ、2020年には、2015年の約1.3倍となる1兆8,764億円と予測する。

そのほか、2015年の都道府県別のインバウンド市場規模は東京都が6,077億円で1位。国内インバウンド市場全体の40.9%を占める結果となった。2位は大阪府で、その他、北海道、千葉県、京都府、福岡県、沖縄県といった地域も訪日客数の多さと比例して日本での消費スポットとなっているという。

(丸山篤)