映画『曇天に笑う』福士蒼汰主演で人気漫画を実写化、本広克行が監督

写真拡大

映画『曇天に笑う』が、2018年3月21日(水・祝)に全国の劇場で公開される。主演は福士蒼汰、監督は本広克行が務める。

原作は、累計発行部数120万部を突破している唐々煙による同名の人気漫画。明治11年の日本を舞台に、絶対脱獄不可能な監獄「獄門処」に重犯罪者を護送する“橋渡し”役を務める、曇三兄弟の活躍を描く冒険活劇だ。

三兄弟の長男で主人公の曇 天火(くもう てんか)役を務めるのは、福士蒼汰。また、兄を慕いながらも、その存在をいつかは超えたいと悩む次男・空丸役を中山優馬が、甘えん坊で長男の天火が大好きな三男・宙太郎を若山耀人がそれぞれ演じる。

本作のメガホンを取るのは、「踊る大捜査線」シリーズやアニメ「サイコパス」などで知られる本広克行。アニメ版でも脚本を務めた高橋悠也とタッグを組み、本格時代劇アクションに挑む。

【作品情報】
映画『曇天に笑う』
公開時期:2018年3月21日(水・祝)
出演:福士蒼汰、中山優馬、若山耀人ほか
原作:唐々煙「曇天に笑う」(マッグガーデン刊)全6巻+外伝
監督:本広克行
脚本:高橋悠也
© 映画『曇天に笑う』製作委員会 ©︎唐々煙/マックガーデン


[写真付きで読む]映画『曇天に笑う』福士蒼汰主演で人気漫画を実写化、本広克行が監督

外部サイト

  • 映画『散歩する侵略者』長澤まさみ&松田龍平が夫婦役、監督・黒沢清 - 人類侵略のサスペンス
  • 映画『アウトレイジ 最終章』監督・北野武、“全員悪人”シリーズ完結 - 物語はビヨンドのその後
  • 映画『友罪』生田斗真×瑛太で薬丸岳の小説を映画化 - 凶悪事件を起こした少年犯のその後