16日、韓国・スポTVニュースは、横浜国際総合競技場で15日に行われたFIFAクラブワールドカップジャパン2016の準決勝を前に開かれた記者会見で“珍光景”が見られたと報じた。写真はレアル・マドリードのFWカリム・ベンゼマ選手。

写真拡大

2016年12月16日、韓国・スポTVニュースは、横浜国際総合競技場で15日に行われたサッカーのクラブ世界一を決めるFIFAクラブワールドカップジャパン2016の準決勝(レアル・マドリード対クラブ・アメリカ)を前に記者会見が開かれたが、記者会見場が一瞬にして“日本”から“スペイン”に変わるという“珍光景”が見られたと報じた。

14日に行われた記者会見会場は熱気に包まれていた。日本、スペイン、メキシコ、イタリアなどから約200人の取材陣が集まった。その中でも日本の取材陣の数は最も多く、全体の70%を占めていたという。

レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督らが出席した会見は約30分間行われた。FIFA側は取材陣に同時通訳機を渡し、順番に質問の機会を与えた。スペインの取材陣は積極的に手を挙げ、発言の機会を得ていた。一度に10人以上が挙手することもあり、しばらくの間スペイン語による質問と回答が繰り返されたという。一方、日本の取材陣は日本語の通訳を聞くことに集中し、ほとんどがノートパソコンに監督や選手の話を記録するだけだった。30分間の会見中に日本の記者が質問したのはたったの2回。最初の記者はスペイン語で質問をした。2回目の記者は日本語で質問し、ジダン監督は同時通訳機を利用して回答。日本語で行われた質問はこの1回だけだったという。

これについて、スポTVニュースは、レアル・マドリードとクラブ・アメリカの試合にスペインとメキシコのメディアが高い関心を寄せるのは当然だが、日本で開かれている大会で見せた日本の取材陣の消極的な態度は非常に珍しい光景だったと伝えている。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「先に韓国の記者のレベルを考えて。日本の記者を皮肉ることなどできないはず」

「韓国の取材陣でも同じ状況になっていただろう。以前、オバマ大統領が『韓国の記者に発言の機会を与えるから挙手して』と言ったが、誰も手を挙げなかった…」

「僕が記者でその状況にいたらきっと手を挙げられない。2つ質問しただけでも立派」

「日本にはスペイン語のできる記者がいるのか!韓国の記者は英語すらできないのに」

「恥をさらすよりは黙っている方がいい。『Do you know Sushi?(すしを知ってる?)』と聞かなかったのなら、韓国の記者よりはまし」

「韓国の記者だったら『ソン・フンミンをどう思う?』などと空気の読めない質問をしていたかも」(翻訳・編集/堂本)