クランクアップを迎えた広瀬すずと三木孝浩監督 - 画像はブログより

写真拡大

 生田斗真&広瀬すず初共演で高校教師・伊藤と女子高生・響の恋を描く映画『先生!』(2017年秋公開)が15日にクランクアップを迎えた。最後は広瀬のみのシーンで寂しく思っていたところ、伊藤役の生田が駆けつけてくれたといい、広瀬はブログに「はああ、、伊藤先生、、」と感激の思いを記している。

 河原和音(「青空エール」「俺物語!!」)の人気コミックを実写映画化した本作。一見無愛想だが生徒思いな世界史の教師と、彼に生まれて初めての恋をする女子高生の不器用な恋愛模様をつづる。『青空エール』『アオハライド』など青春映画の名手として知られる三木孝浩監督がメガホンを取った。

 響役を務め上げた広瀬は「大好きな大好きな伊藤先生をまっすぐに、想う響として生きたこの時間は凄く濃厚でした」「かっこいいんだよ伊藤先生ほんとに」と生田のハマりっぷりを絶賛。「初のラブストーリー あんな恥ずかしい台詞はもう言えない、、我に戻った瞬間、手汗がもう、半端じゃない 常に必死こいてました」と新たな挑戦となった撮影を振り返った。

 三木監督もTwitterで「『僕等がいた』以来、念願叶って再タッグの生田斗真くん、ずっとお仕事ご一緒したかった広瀬すずちゃん、二人のカップリングもホントに素敵でした!」と生田と広瀬の相性の良さに言及している。(朝倉健人)