セレブ2世として名をはせ、モデルやフォトグラファーとして活躍中のブルックリン/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

今年7月に運転免許を取得したばかりの、デビッド・ベッカムとヴィクトリア・ベッカムの長男ブルックリンが、2か月で4度目となる駐車違反チケットを切られる様子をパパラッチされている。

【写真を見る】駐車違反チケットをとるブルックリンの恥ずかしい一枚!/写真:SPLASH/アフロ

友人らと一緒に黒い皮ジャンを着たブルックリンが、恥ずかしそうに約3万7000ポンド(約536万円)の愛車メルセデスベンツCクラスのワイパーに挟まれた駐車違反のチケットを取り、ロンドンの路上でそそくさとテキストメッセージを送る姿がデイリー・メール紙に掲載されているが、ブルックリンが違反切符を切られるのは、なんとこれで4度目。

最初に違反チケットを切られたのは10月、次は11月15日で、その後ランチから戻ってきた際にも駐車違反を犯しており、その時の様子も同紙がしっかりと激写している。

駐禁違反チケットの罰金は、1回130ポンド(約1万9000円)だが、ブルックリンにとってはあまり気にする額ではなさそうだ。

これを見たネットユーザーたちからは、「ベンツなんて運転する資格ない」「親のお金で、傲慢」「親ももう少し厳しく言うべきでは?」「お金があるんだから、駐車場に停めればいいのに」と非難されている。

しかし「パパラッチされたのは恥ずかしいだろうけど、130ポンドなんて気にするほどのお金じゃないはず」「気にしてないでしょ、別に」「駐車場に停めるのが面倒くさいんじゃない?」「やっかむのはやめよう。それが彼なんだから」「警察にどんどんお金を払うのも、ご奉仕でいいんじゃない?」といった声も寄せられた。【NY在住/JUNKO】