写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パナソニック システムネットワークス システムソリューションズジャパンカンパニーは16日、パナソニックのメガホン型多言語音声翻訳サービス「メガホンヤク」を成田国際空港に導入することを発表した。導入開始は2017年1月より、初期導入数は3式。

「メガホンヤク」は、メガホン型の翻訳機。日本語を英語、中国語、韓国語に翻訳して再生することが可能だ。約300のプリセット定型文を含め、ワード選択で約1,800パターンを利用できるほか、クラウドサービスの活用で、定型文の追加登録が行える。

成田国際空港では、「メガホンヤク」の開発段階にあたって試験的に配備を実施する(2015年12月〜2016年3月)など、災害時や天候不良時、ターミナル内に滞在する利用者に向けた案内を行う際の有用性の検証を実施していた。この試験導入が、同社によれば世界で初めての実施であったとのこと。このほかにも、京浜急行が羽田国際空港での実証実験を行うなどしていた。

今回、「メガホンヤク」の正式サービス開始(2016年12月20日〜)に際して、本格導入を行う運びとなった。今後は数十台規模まで導入を拡大予定となっている。