「ローグ・ワン」本日12月16日公開! (C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

写真拡大

 人気SFシリーズの新作「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」の新キャラクターK-2SOの特徴をとらえた本編映像2種類が公開。「スター・ウォーズ」シリーズで活躍してきた、R2-D2&C-3POやBB-8といった人気ドロイドの仲間入りを果たしたK-2SOは、一見強くて怖そうだが、実は親友思いでおしゃべりというギャップが印象的だ。

 シリーズの原点「エピソード4 新たなる希望」へとつながるアナザーストーリー。反乱軍の寄せ集めチーム“ローグ・ワン”が、帝国軍の究極兵器デス・スターの設計図を盗み出す決死のミッションに挑む。長身で黒いボディのK-2SOは、チームのリーダー的存在である反乱軍の情報将校キャシアンの“親友”だ。

 公開された本編映像のひとつ「強いK-2SO」編は、同キャラクターの初登場シーン。襲撃された囚人護送車から脱走を図ろうとする主人公のジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)を片腕で地面にたたき付け、「おめでとう。助けに来ました。抵抗しないで」と宣告する。もう一方の「親友思いのK-2SO」は、惑星ジェダへと向かう宇宙船でジンが銃器を携行していることに気付き、キャシアンに警告する場面。「あなたに向けて使う確立は?」「高確率です」と忠誠心をにじませながらも、思いついたことは言わずにはいられない性格がフィーチャーされている。

 元は帝国軍の警備ドロイドだったが、キャシアンによって再プログラミングされ、反乱軍の仲間になったK-2SO。キャシアン役のディエゴ・ルナは、「人生のほとんどを反乱軍で過ごし、多くのものを捧げてきたキャシアンにとって、唯一の友人がこのK-2SOなんだ。時に厳しく接しながらも、2人はお互いのことをとても気にかけている。もしキャシアンに聞いたら、K-2SOは親友だと言うよ」とコメントを寄せた。

 「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」は現在公開中。