中国国営中央テレビ(CCTV)の女性キャスターが生放送の番組中にスマホを操作している様子が全国に放送された。(スクリーンショット)

写真拡大

 中国国営中央テレビ(CCTV)の女性キャスターがこのほど、生放送のニュース番組でビデオテープ映像が流れる間に、自前のスマートフォンを操作する場面が映されるハプニングが起きた。国内インターネット上では、「責任感がない」「プロ意識がなさすぎる」と批判のコメントが集まった。

 12月10日午後に放送されたCCTV「ニュース生放送室」(中国語は、新聞直播間)の番組で、ニュース内容を紹介するビデオテープ映像が流れている時、突然画面が同番組のスタジオに切り替えられ、女性キャスターの紫凝氏がスマートフォンを操作している映像に切り替った。紫氏がこの様子を全国に生放送されているのを知らずに、操作を3秒以上続けていた。番組ディレクターに注意された後、紫氏はやっとスマートフォンを閉じ、続けてニュースを報道した。

 国内交流サイト(SNS)の微博に投稿されると、多くのネットユーザーから「責任感が全くない、解雇して」「プロ意識がなさすぎる」「携帯をいじりたいなら、スタジオの外でやってよ」などと批判のコメントが集中した。

 中央テレビのキャスターが近年番組放送中に、キャスターらがあくびをしたり、化粧を直したりするなど、プロ意識を疑われるハプニングが相次いだため、ネットユーザーらは「CCTVキャスターは生放送中のミスが多すぎるから、解雇し出したら、残る人がもういないんじゃないか」「CCTVのキャスターはニュース原稿すらきれいに読めないくせに。特に生放送の時、その人がプロかどうかが分かる」と皮肉った。

(翻訳編集・張哲)