写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは、街中や店舗などに設置された既存のカメラで、離れた場所からでも人の視線の方向をリアルタイムに検知できる「遠隔視線推定技術」を開発したと発表した。

この技術はNECの顔認証技術の中核となる顔特徴点検出技術を用いて、視線検知に必要な目頭や目尻、瞳など目の周囲の特徴点を正確に特定することで、通常のカメラのみで上下左右5度以内の誤差となる高精度な視線方向の検知を実現したもの。

顔特徴点検出技術は、顔矩形領域から瞳中心、鼻翼、口端などの特徴点の位置を探索する技術で、特徴点周辺輝度パタンを用いて最適な位置を探索しつつ、顔形状モデルにより特徴点配置に制約を加えることで、精密に特徴点位置を求めることが可能だという。

今回開発した「遠隔視線推定技術」では、低解像度や明るさの変化への対応強化により、カメラと対象者が10m離れた位置からでも視線検知を可能とし、さらに、高速に計算可能な特徴量抽出技術により、これまでは困難だった複数人の視線方向の同時検知も可能だという。

NECはこの技術を、通行人の視線の動きから、街中における避難・誘導標識の最適な配置や不審者の監視といった安全・安心に関わる用途を想定。また、スーパーマーケットなどの店舗にいる顧客やデジタルサイネージに注目している顧客の視線の動きから、人気商品や人気コンテンツの推定といったマーケティング用途としての応用も視野に実用化を進めていくという。