ヒョンビン&キム・ジュヒョク、本日(16日)揃って公式席上に登場…熱愛についてコメントするか

写真拡大

ヒョンビンとキム・ジュヒョクが本日(16日)、並んで公式席上に立つ。

16日の午前、ソウル江南(カンナム) 区CGV狎鴎亭(アックジョン) で開かれる映画「共助」(監督:キム・ソンフン、制作:JKフィルム) 制作報告会には俳優のヒョンビンとキム・ジュヒョクが出席する。ヒョンビンとキム・ジュヒョクはカン・ソラ、イ・ユヨンとの熱愛を認めてから初めて取材陣の前に立つことになる。

通常、映画に関する質疑応答が行われる場であるが、制作報告会をわずか何日か前にして熱愛が発覚しただけに、二人ともこれに関する質問は避けられないと見られる。果たして、二人が交際についてどのようなコメントをするか、関心が集まる。

これに先立ちキム・ジュヒョクは今月13日、映画「YOURSELF AND YOURS」(監督:ホン・サンス) で共演した17歳年下の女優イ・ユヨンとの交際を公式的に認めた。キム・ジュヒョク側は「イ・ユヨンと交際を始めて2ヶ月ほど経った」と立場を明かした。

ヒョンビンは制作報告会の1日前である昨日(15日)、カン・ソラとの交際を認めた。ヒョンビンの所属事務所VAST側は「カン・ソラと昨年10月ごろに仕事に関する場で出会い、その後、恋人関係に発展した」と伝えた。

映画「共助」は韓国に隠れた北朝鮮の犯罪組織を捕まえるために韓国と北朝鮮初の共助捜査を描いた映画だ。「逆鱗」以降約2年ぶりにスクリーンに戻ってきたヒョンビンは、「共助」で特殊部隊の北朝鮮刑事役を演じた。キム・ジュヒョクは悪役に扮し、熱演を繰り広げた。映画は韓国で来年1月に公開される。