Sechs Kies、来年1月「YELLOW NOTE」ソウルアンコールコンサートを決定…もう一度ファンたちを魅了

写真拡大

Sechs Kiesが来年1月、ソウルアンコールコンサートを開催する。

Sechs Kiesは1月21日と22日の2日間、ソウル蚕室(チャムシル) 室内体育館で「2017 SECHSKIES-YELLOW NOTE-FINAL IN SEOUL」を開催し、ファンたちと再会する。

今年9月、ソウルオリンピック体操競技場で初の単独コンサートを開催したSechs Kiesは、16年という空白期間があったとは思えないほど、完成度の高いステージを披露し、2万人の観客を動員した。

その後、大邸(テグ) 、釜山(プサン) コンサートツアーを確定して公演の規模を増やし、来年1月ソウルアンコールコンサートを通じて「YELLOW NOTE」公演のフィナーレを飾る。

特に、Sechs Kiesは来年1月に新曲発売の計画を明かしており、コンサートで新曲のステージを見ることができるか期待を高めている。

Sechs Kiesは最近ニューアルバム「2016 Re-ALBUM」を公開し、トリプルタイトル曲の「カップル」「騎士道」「恋情」で、韓国のリアルタイムチャートで上位にランクインし、底力を見せつけた。また、台湾、香港、シンガポールのiTunesアルバムチャート1位、月間利用者が4億人に達する中国酷狗(Kugou) MUSICの新曲チャートでも1位を記録するなど、韓国国内外から大きな人気を得た。

また、音楽放送をはじめ、「ラジオスター」「週刊アイドル」など様々なバラエティ番組に出演し、変わらないユーモアと魅力をアピールして話題を集めた。

Sechs Kiesの「2017 SECHSKIES-YELLOW NOTE-FINAL IN SEOUL」のチケットは今月22日午後8時にAUCTIONを通じて販売される予定だ。