16日、訪日前にプーチン大統領が日本メディアのインタビューに応じた際の動画が話題になっている。

写真拡大

2016年12月16日、訪日中のロシアのプーチン大統領に関して、ネットでは訪日に先駆けプーチン大統領が日本メディアのインタビューに応じた際の動画が話題になっている。

プーチン大統領は12日、モスクワで日本メディアの取材を受け、愛犬をお披露目した。この犬は2012年に日本から贈られた秋田犬で「ゆめ(yume)」と名付けられた。日本の取材スタッフを確認すると、「ゆめ」は吠え出し、途中でプーチン大統領が芸を披露し静かになるも、退場する際にまた警戒するかのように吠えていた。日本人記者はビックリしたと語っており、プーチン大統領は「ゆめは私の警護をしているのだ」とし、周りに多くの人が集まりカメラやライトに警戒していたと述べている。

中国のネット上では数万件のコメントが寄せられるほど注目を集め、ゆめに対して「かわいい」「堂々としてるな」との声が代表的で、「文化によって犬への態度もだいぶ違うな。中国では指導者が犬を連れて公式の場に出ることはない」「きっと日本人を威嚇してるんだよ」とさまざまな声が寄せられた。(翻訳・編集/内山)