『BONES -骨は語る-』シーズン11

写真拡大

2005年にスタートした、法人類学者ブレナン(エミリー・デシャネル)とFBI捜査官ブース(デヴィッド・ボレアナズ)が活躍する大ヒット犯罪捜査ドラマ『BONES -骨は語る-』がシーズン12をもって終了することは、当サイトでもこれまで何度かお伝えしてきた。そんな中、デヴィッドがついに同作の撮影が終了したことを報告している。米Entertainment Weeklyが報じた。

今月15日(木)、デヴィッドは「シリーズの撮影が終了し、ストーリーが完結したよ」とツイート。『BONES』の撮影で使っていたカチンコの画像も添えている。デヴィッドはシリーズフィナーレでは出演だけでなく監督を務めることが報じられていた。そのエピソード(第12話)のタイトルは「The End in the End」。彼はそれまでにも10度にわたって同作でメガホンを取ってきた。

同じく番組スタート時から出演してきたアンジェラ・モンテネグロ役のミカエラ・コンリンも、同作との別れをTwitterで報告。「アンジェラ・モンテネグロの撮影は終了よ。この写真は、セットでの私の初日、そして最後の日のものなの。素晴らしい体験をさせてもらえて感謝しているわ」と述べるとともに、ブレナン役のエミリーとのツーショットや、一人でセットに立っているところ、自身の役の身分証といった画像を一緒に投稿している。

そんなシリーズ最終話について、ショーランナーのジョナサン・コリアーとマイケル・ピーターソンは以前、「僕らは『BONES』の仕事が大好きで、いよいよファンの皆さんにファイナルシーズンを届けられることを嬉しく思います。放送が始まってから12年が経ちましたが、ワクワクするような、そして意味のある最終話を描くことができ、本当に光栄です」と述べていた。

これまで登場してきた多くの仲間の再出演も発表されるなどますます注目と期待が高まる『BONES』ファイナルシーズンは、米FOXにて2017年1月3日(火)スタート、最終話は3月21日(火)放送予定となる。長寿ドラマがどんな形で幕を閉じるのか、楽しみに待ちたい。(海外ドラマNAVI)