ハリウッドに殿堂入りをしたライアン・レイノルズ、式典に出席した妻ブレイク・ライヴリーと2人の娘たち (c)Imagecollect.

写真拡大

40歳のライアン・レイノルズが、現地時間15日にハリウッド通りに多くの著名人の名前が刻まれている「ウォーク・オブ・フェーム」に殿堂入りした。

「ウォーク・オブ・フェーム」はハリウッドの有名な観光地で、ハリウッドで活躍してきた人々の名前が星形のプレートに刻まれている。

ライアンは式典に妻で女優のブレイク・ライヴリー、間もなく2歳になる娘ジェームズちゃんと9月に誕生した次女を連れて登場。娘たちの顔を披露するのも、親子4人で公の場に姿を現わすのも初めてである。

ライアンは式典で「ワォ、すごいレベルで僕にとって素晴らしい瞬間だよ」「すごいレベルで僕にとって本当に信じられないことだね」と話し、母や兄たちに感謝を述べた。そして、「僕は妻のブレイクに感謝を言いたい。すぐそこに座っていて、僕のすべて。君は僕の人生に起こったことで一番、最高なことだよ」「君はすべてをより良くしてくれる。君は僕の人生のすべてをより良くしてくれる。君は2人の最も素晴らしい子供をくれた」「ありがとう、愛しているよ」とスピーチし、最後にこの星を亡くなった父にも捧げたいとコメントしていた。

2歳のジェームズちゃんはライアンの星を指差したり、マイクを持ったりして報道陣をメロメロにしていた。