彼はまさかのダメンズ!?ダメ男にすがりつかない、いい女のモチベーションとは | 恋愛ユニバーシティ

写真拡大 (全4枚)

ダメ男と付き合ってない?

ふと1人の時間に、「実は、彼って私のタイプじゃないんじゃ…」と脳裏をよぎること、ありませんか。
彼との時間を重ねていくうちに、彼の長所短所など、本質が見えてきますよね? と同時に、「これくらいで別れていたら誰とも続かない」と彼の欠点に目をつむっていませんか
男性に愛されるいい女になるためには、ダメ男や浮気性の男性を見極めて、自分自身を大切にしなければなりません。

ぜひここで、ハートがかっこいい女へ変身すべく、注意したい男性のタイプを知っておきましょう!

目次

いい女は浮気性の男性と我慢して付き合わない いい女は不倫の結末に期待して付き合い続けない いい女は結婚生活までビジョンが描けるかで彼を判断する

いい女は浮気性の男性と我慢して付き合わない

浮気性の男性には、タイプがあります。
まずは「彼女に浮気がバレてしまったら、とにかく謝って、許してもらおうとするタイプ」。ここでは、彼がその場しのぎで謝っているのだと、いい女なら判断しなくてはいけません。決して素直に彼のお詫びを、受け入れてはいけません。浮気性の男性は、浮気を繰り返すので、彼を信じて付き合い続けるよりも、他の男性に目を向けましょう。

もちろんここで、“一度きりの浮気は許すけど、2回目はない”と自分に約束して、付き合うかは自分次第です。
他にも、浮気を公言する本能的な男性。バレても平気で「文句があるのなら別れる」と言うタチが悪いタイプ。このようなモラハラ男子に、“いつかは改心して自分だけのものになる”と希望を持つことはナンセンス!せっかくできた彼氏だからと、我慢して付き合うのではなく、自分に自信を持ってサヨナラしましょう!

恋愛と結婚は別!幸せになれる相手、なれない相手の違いとは?

いい女は不倫の結末に期待して付き合い続けない

妻子持ちの男性が近寄ってきて、好きになってしまったら、あなたならどうしますか?彼とのルールを決めて、割り切ってお付き合いしますか?
しかし、“一度だけのデート”と心に決めても、次第に葛藤を抱えてしまうのが不倫。そして、バレずにデートをすることができたら、中毒性があるのが不倫なのです。

彼にとって奥さんが一番だと認識していても、だんだんと「彼はいつ離婚してくれるのだろう?」と考えるようになっていきます。彼が奥さんと「別れようと思っている。」と言ったとしても、実際のところは妻子を選ぶ可能性が高いのだとか。
男性は、社会的アイデンティティを重視するので、社会的にリスクをともなう離婚はしない傾向があるそうです。
いつも彼の二番手でよければ、付き合い続けてもいいかもしれません。しかし、気づいたら遅かった、なんてことのないように、自分に結婚や出産の願望がないのか、改めて考えることも大切です。いい女は将来も視野に入れて男性を選んでいますよ

【彼の気持ち】前夫の浮気で離婚した私が、不倫の恋に落ちました

いい女は結婚生活までビジョンが描けるかで彼を判断する

自己中心的な“猛獣系男子”や、社交性が高すぎる“会食系男子”、自分の価値観優先の“仙人系男子”など、結婚には向かない男性がいます。
そんな男性たちは、家庭に縛られることは性に合わず、自由に生きたいタイプ。いい女は自由主義の男性たちに、目もくれません。もし結婚したとしても、価値観が合わないため、結婚生活が苦しくなっていくことをイメージしているからです。

結婚は、家事や育児、親や親戚との付き合いなど、2人だけのラブラブな世界とは全くの別モノです。もちろん結婚してから変わる男性や、子どもが生まれたら変わる男性、いろいろいるかもしれません。そんな彼のポテンシャルを見極めるのも、お付き合いをしている間に、私たちができること。ふとした彼の感情表現から垣間見える、人間性をチェックすることは、将来のためにも大切。彼がもしパパになったらどうなるかなど、結婚生活を想像して見極めることができるかどうかも、いい女のスタンダードです。

“ダメ男”はさっさと見切ろう!人生に失敗しない「男の見極め方」とは

いかがでしたでしょうか。いい女のモチベーションは、一見クールですよね。色気や健気さも、自分が幸せになるためには必要なのですが、いい女は決してダメ男と付き合い続けません。無理して付き合う恋愛は、自分の価値を下げてしまいます。ダメ男の彼氏はネタにしてしまって、理想の恋愛を叶えていってくださいね!

(荒川優子/ 恋愛ユニバーシティ)

◇プロフィール荒川優子 / 恋愛ユニバーシティ WEBライター
フリーライター。恋愛、コスメ、旅行、グルメ、カルチャー系の記事を執筆。自身のダメ恋経験から、乙女心と冷静さのバランスに注目中。みんなが恋愛にすがらずに恋愛パワーをうまくキャッチできるような記事を目指しています。