画像

写真拡大 (全2枚)

 ブレインパッドが提供するソリューションとトレジャーデータが提供するプライベートDMP「TREASURE DMP」を連携を開始した。あわせて両社は、One to Oneマーケティングプラットフォームを共同で提供していく。

 ブレインパッドとトレジャーデータは、ブレインパッドが提供するレコメンドエンジン搭載プライベートDMP「Rtoaster」およびマーケティングオートメーション「Probance Hyper Marketing」と、トレジャーデータが提供するプライベートDMP「TREASURE DMP」を連携。高速かつ大規模データ対応のOne to Oneマーケティングプラットフォームを共同提供していくことを発表した。

 昨今のデジタルマーケティングの進化により、マーケティング施策において発生するデータは顧客属性からウェブアクセスログ、スコアリング結果、キャンペーンの効果、メール配信履歴など多岐にわたる。

 これらをフル活用するには、膨大なデータを集約する必要があるが、データ量やデータの発生頻度およびコストの観点からオンプレミスのみでの環境構築は難しくなってきている。そこで、今回クラウドベースで高速かつスケーラブルな分析処理環境を提供する「TREASURE DMP」との連携に至った。

 これにより、膨大なデータを集約し、データをフル活用した施策をシームレスに実行することが可能となる。

MarkeZine編集部[著]