画像

写真拡大

 キングレコードとカヤックは、「アニソンで世の中を楽しく健康に」をテーマに新事業「アニソンフィットネス」を共同で開始した。同事業では3次元キャラクターの開発や、健康促進アプリケーションの開発など多角的な取り組みが行われる。

 キングレコードとカヤックは、「アニソンで世の中を楽しく健康に」をテーマに掲げ、3次元キャラクターと一緒にフィットネスが体験できる「アニソンフィットネス」を共同新規事業として開始。シリーズ1作目は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のオープニングテーマ曲『残酷な天使のテーゼ』を使用したフィットネスプログラム。

 振付は、数々のアニソン・声優アーティストの作曲・編曲を手掛けてきた音楽家でもあり、現役インストラクターでもある、たかはしごう氏が、科学的側面からの監修を早稲田大学スポーツ科学学術院助教、枝 伸彦氏が努めた。

 なお、「アニソンフィットネス」は、レコード会社の枠を超えた多角的な取り組みにチャレンジしていく予定で、次のような展開が企画されている。

●テクノロジー×オリジナルキャラクター

 最新モーションキャプチャー技術を駆使したオリジナル3次元キャラクターを開発し、アニソンフィットネス本編をナビゲートする。想像を越えたキャラクターのリアリティで新たな体験価値を創造する。

●フィットネス×ライブエンタテインメント

 アニソン・アニメキャラクターというポップアイコン要素を活かした大型音楽イベント、野外フェスなどとのコラボレーションやオリジナルフィットネスイベントを企画。数百・数千人規模でフィットネスを実施し、ライブ感覚で楽しむことで新たなフィットネスの価値を創出する。

●エンタテインメント×健康促進アプリケーション

 「楽しく健康に」を軸とした、ゲーム要素を取り入れた専用アプリケーションを開発。ユーザー個々の活動量・健康数値に応じたゲーム展開により、自発的な健康促進へのコミット化を図る。

 その他、フィットネスクラブでのプログラム展開やオリジナルグッズ展開、海外へのライセンス展開も行われる予定。

 キングレコードは、既存の音楽事業分野にとらわれず新規ビジネスを開拓する社内セクションとして新規事業案を検討する「0クリエイティブ委員会」、企画を事業化していく「新規事業準備室」を設立。今回の取り組みが新規事業の第一弾となる。

MarkeZine編集部[著]